人気ブログランキング | 話題のタグを見る

沖舘川の記憶



沖舘川の記憶_c0352813_12030700.jpg


沖舘川の記憶
私のブログに度々登場する沖舘川

このそばに青森営林局の官舎がありそこに小学3年まですんでましたね
そこから新井田の官舎に移ったわけですが
今度、青森に帰ったときにのんびりと散策してみよう

海も埋め立てられしっかりと姿を変えてしまいましたが
昔の記憶をたどりノスタルジックです(笑)

いろいろな思い出がよみがえってきます。
ありがとう。。。



沖舘川の記憶_c0352813_12030456.jpg





沖舘川の記憶_c0352813_12031088.jpg

さあー今日ものんびりしよう(笑)


いつものご訪問ありがとうございます。






Commented by kobatetuapril at 2023-05-23 12:18
ふるさとっていいですよね。「山河」なんてのは、そこらじゅうにあるわけですけど、使いたくなる対象は、なぜかふるさとに対してのみだったりします。
私のふるさとは長野県長野市なんですけど、今は北の果てと南の果て、正反対の場所になってしまいました。帰るのは盆暮れ正月とか連休のときくらいです。
私の家の近くにも川がありました。「大川」っていう名前なんですけど、小さな川でした(笑)。護岸なんてされてなくて、釣り針にミミズをつけて垂らすと、バカでかいフナやナマズが釣れました。カラス貝なんていう、野球のグローブくらい大きな貝もいました。今は、コンクリートですっかり固められてしまっていて、子供が溺れないように、金網が張ってあります。
なんだか切ないです。でも、それでも、大川はふるさとの川です。
海もいいけど、川って、なんかまた別の存在ですよね。表情のある、お父さん・お母さんみたいのが海。一緒にわるさをして遊んだのが川。大人になると相手の顔も大人じみてきてくるのも川。みたいな。
今、何度も読んでる宮沢賢治の小説でも、川は何度も出てくるのに、海は、彼は岩手の人だからすぐとなりにあったはずなのに、滅多に出てきません(一度も出てこないかも)。
唱歌「故郷」に出てくるのも、かの山と、かの川。
今回、写真の感想になっていなくて申し訳ないのですが、沖舘川の河口の写真を拝見して、久しぶりに帰ってみたいな、ダメ元で釣糸なんて垂らしてみようかな?なんて思いました。
青森は、昔、大学生の頃卒業旅行で行きました。盛岡から白神山地へ。その後の記憶がありません。もう一度行ってみたいです。
Commented by aryy2349 at 2023-05-23 20:12
> kobatetuaprilさん
いつもコメント有難うございます。

そうなんですよね、なぜか川とか山なんです。
すぐそばに海がありたくさんの思い出もありますが
やっぱり川なんです目の前には八甲田山、そして右側をみると
岩木山、素敵な場所でした。。。
橋があったのですが、その橋がなくなり住んでいた官舎が
どのあたりなのか探しずらくなりました今度ゆっくりと散策してみます(笑)

長野市なんですね大川なんだけど小さな川うけますね(笑)
釣り針にミミズ、懐かしく思いだされます。
私はよくハゼを釣ってましたね。。。
なんなんでしょう故郷の川はいつもやさしく私たちを包んでくれますね。

青森に行くときは声をかけてください素敵な穴場を案内します。
年も年ですので早めにお願いします(笑)

いつも心地よいコメントに感謝します有難うございます。
by aryy2349 | 2023-05-21 12:16 | Comments(2)

四季おりおりの湘南の海をメインにアップしております。


by きったしょう