人気ブログランキング | 話題のタグを見る

ミナトミライへ



ミナトミライへ_c0352813_09535848.jpg

ミナトミライへ
裏口通りを歩いてミナトミライに着きました。
だいたい私は裏口が好きなんですね(笑)


どこを見ても輝いて見えます。
ありがとう。。。



ミナトミライへ_c0352813_09542174.jpg




ミナトミライへ_c0352813_09550410.jpg
水上バス、素敵ですね。




ミナトミライへ_c0352813_09541153.jpg
恐怖の館
ここは入りたくないですね(笑)


ミナトミライへ_c0352813_09543544.jpg




ミナトミライへ_c0352813_09544549.jpg
子供達が、はしゃいでました。
元気な声、笑顔・・・
素敵な光景です。ありがとう。



ミナトミライへ_c0352813_09551972.jpg
赤レンガへと続きます。
明日も懲りずに見てくださいませ(笑)


今日から6月なんですね
ハヤー
時間が加速しているんでしょうね。

いつもの氏神様に感謝のお参りに
行ってきます。。。


いつものご訪問ありがとうございます。






Commented by bluemoon0512 at 2022-06-01 16:04
恐怖の館は興味がありますが水上バスや乗り物は怖いです
子供たちの声、少しずつ増えてきましたね
まだマスクをしていますが元気な声を聞くと
嬉しいです
いつかマスクなしで・・・そんな時が来ると
いいです
6月になりました、あっという間で…笑
Commented by aryy2349 at 2022-06-01 16:27
> bluemoon0512さん
コメントありがとうございます。

私、怖がりなんで恐怖の館だめです(笑)
たしかに、いろいろな事故の事を考えると
怖くなりますね。。。

はい、うれしい光景でした。。。
ここまで我慢したんですから、もう少し
頑張って早くマスクなしの時がくるといいですね。

はい、あっと言うまにまた年を重ねます(笑)
Commented by miimimi at 2022-06-01 18:29
いつかないつかなと待っておりました(人´▽`*)
水上バスを見かけるとワクワクします。
乗るより眺めるのが好きかも~。
コスモワールドですか?
子供から大人まで楽しめそうですね。
恐怖の館の建物の色は綺麗なのに…((((;゜Д゜)))
木の葉の影から覗くコンチネンタルHいいですね!
紫陽花も咲き始めた横浜へまた行きたくなりました。
きったしょうさんの目線で歩かれた横浜
次回は赤レンガ倉庫♡楽しみにしてます♪
Commented by aryy2349 at 2022-06-01 21:00
> miimimiさん
コメントありがとうございます。
中々いけないので勝手に仕事を休んで
いっちゃいました(笑)

水上から陸に上がる瞬間、水しぶきが
上がって迫力満点でしたよ。
私はどっちも好きですね(笑)

はい、コスモワールドです。休日ではないのに
けっこう人も多かったですね。
久しぶりの素敵な光景にちょっと涙目でした(笑)

そうなんです建物は白できれいですけど中は怖いです。
ハイ、木漏れ日が一段と素敵なものにしてくれました。

は~い明日アップします。お楽しみに(笑)
ありがとうございます。。。
Commented by ksf4597_f4 at 2022-06-01 21:26
恐怖の館ってネーミング、昭和の匂いがプンプンして好感が持てます(笑)横浜散歩楽しみにしています。
Commented by ワンちゃん at 2022-06-02 10:49 x
2枚目:みなとみらい地区の水上バス!
    良いですね  (^^♪

    観光客が沢山乗ってるようにも見えますが
    影が濃過ぎて特定出来ず!

    実際は、どうでした?
Commented by aryy2349 at 2022-06-02 17:06
> ksf4597_f4さん
コメントありがとうございます。

はい、いいですよね私みたいな団塊の世代には
昭和と言う言葉だけで嬉しくなってきます(笑)

有難うございます宜しくです。。。
Commented by aryy2349 at 2022-06-02 17:19
> ワンちゃんさん
コメント有難うございます。

ハイ、満席とはいきませんが
かなりの方が乗ってましたね。
ちょっと驚きでしたね(笑)

コロナはまだ終息してませんが
遠くになりつつありますね。

ありがとうございます。。。
by aryy2349 | 2022-06-01 10:26 | Comments(8)

四季おりおりの湘南の海をメインにアップしております。


by きったしょう